その他の口腔内治療|坂出市の歯周病治療・インプラント・義歯(入れ歯)・矯正歯科・審美歯科・ホワイトニングなら、藤澤歯科医院へ

その他の口腔内治療

ドライマウスや口臭が気になる、スポーツをされている方へ

  • 口が渇く方へ

    口の中が渇いてネバネバする、しゃべりにくい等の症状がある方は、ドライマウスの可能性があります。

    ドライマウス
  • 口臭が気になる方へ

    楽しくおしゃべりをしていても、つい自分の口臭が気になる、ということはありませんか?口臭には様々な原因があります。

    口臭治療
  • スポーツをされる方へ

    スポーツをしていて口の周りを切ったり、歯が折れたり欠けたりした経験はありませんか?マウスガードを装着することでケガを防ぐだけでなく、運動能力を高める効果もあります。

    スポーツマウスガード

ドライマウス

ドライマウス

ドライマウスとは、口の中で唾液の分泌量が減ることで口が乾く病気です。口腔乾燥症とも呼ばれます。 ドライマウスになると、軽度では口のネバネバ感、虫歯、口臭等の症状が現れます。重度になると、舌のヒビ割れ・痛みで食事がとれなくなったりしゃべりにくくなったりします。

当院はドライマウス研究会に所属しています。 舌のことでお悩みの方はご相談下さい。

ドライマウスの原因

『食事』

よく噛まなくても飲み込める食べ物、柔らかい食べ物等が増えたため、唾液の分泌量が少なくなります。

『ストレス』

ストレスや緊張を感じると副交感神経が刺激され、唾液の分泌量が少なくなります。

『服薬』

薬の中には、副作用として唾液の分泌を抑制させるものがあり、結果としてドライマウスになります。

ドライマウスの症状

◆Step1 義歯の不具合と舌の状態を診てもらいたい為来院されました。

Step1 義歯の不具合と舌の状態を診てもらいたい為来院されました。

1年前から舌がひりひり痛んで、醤油もしみるため、味の濃い食事ができず、内科で1年ほど見てもらいましたが、改善しませんでした。
また、お口が渇くので、水をよく飲むそうです。

◆Step2 義歯の調整・ドライマウス治療

Step2 義歯の調整・ドライマウス治療

1年前から舌がひりひり痛んで、醤油もしみるため、味の濃い食事ができず、内科で1年ほど見てもらいましたが、改善しませんでした。
また、お口が渇くので、水をよく飲むそうです。

◆Step3 処方して2週間後来院から1ヶ月

Step3 処方して2週間後来院から1ヶ月

ヒリヒリ感はずいぶん改善し、舌も赤みが減少し、舌の表面のツブツブの凹凸も出てきました。 ヒリヒリ感は ほとんど無くなり、お口の中も唾液で湿っています。

口臭治療

口臭の原因は、主に3つに分けられます。

『口の中を原因とするもの』

虫歯、歯周病、歯垢、歯の清掃状態が悪い等で、細菌が発生して発する口臭

『体の中を原因とするもの』

糖尿病、肝臓疾患、腎臓疾患、呼吸器疾患等が原因で発する口臭

『生理的な口臭』

空腹時の口臭、飲食後・喫煙後の口臭、ストレスによる口臭等

治療の進め方は、まず口臭の原因を突きとめる所から始めます。 そして、その原因に合わせて治療を行います。

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード

ラグビー・サッカー等の激しいスポーツ、柔道・空手等の格闘技をしていると、口の周りを切ったり歯が欠けたり抜けてしまったり、といったケガをするケース が多く見られます。もっとひどいと顎の骨が折れてしまうことや、顎の関節が痛くなり、口が開かなくなってしまうこともあります。

口や顎等をスポーツによるケガから保護する装置としてマウスガードがあります。ボクシングでよくいわれるマウスピースのことです。

もともとは、イギリスのボクシング選手が歯科医師の協力を得て使われたのが始まりと言われています。その後、アメリカにおいてフットボールを中心に、多くのコンタクトスポーツで使用されています。

マウスガードは口や顎等へのケガから保護するだけでなく、マウスガードを噛みしめることで首を強く固定でき、脳へのダメージを軽減させられる効果が期待できます。 噛み合わせが悪く顎の位置も不安定な状態の場合、身体のバランスが崩れることが考えられます。マウスガードの装着による強い噛みしめは、脳内の神経細胞の働きを興奮させ、その興奮が身体を運動の活動を高めると言われています。

ページトップへ