坂出市の歯医者「藤澤歯科医院」

坂出市の歯医者「藤澤歯科医院」

  • 0877458415

    [診療時間] 9:00~13:00/14:30~18:30
    [休診日]  水曜・日曜・祝日

  • WEB予約

歯周病治療

歯がぐらつく・抜ける方へ

歯がぐらつく方へ

歯がぐらつく・抜ける原因は、歯周病が関係していることが多いです。30歳以上の方の約80%は歯周病にかかっていると言われています。歯周病は本人の気がつかないうちに進行してしまうので、早めに治療しましょう。

歯周病治療

歯周病により歯が
抜けてしまった方へ

歯周病や事故等で抜けた歯の治療法はさまざまです。従来の入れ歯の他にも、ブリッジやインプラントといった治療法があります。
患者さんの歯の状態とご希望に合わせて治療します。

入れ歯(義歯)ブリッジインプラント

歯周病治療

歯周病とは、歯に付いた歯垢の中の歯周病菌が、歯肉(歯茎)や歯を支える骨(歯槽骨)を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。 歯周病菌と虫歯菌は異なり、むし歯が無いのに歯周病が静かに進行する場合があります。
そのため、むし歯が無いので「歯医者に行く必要が無い」と信じ込んでいると、自覚症状が無いまま進行してしまいます。
そして、気が付いた時には手遅れとなり抜歯するしかない、というケースもあります。

初期の歯周病では、歯肉(歯茎)に炎症が起き、出血します。
歯周病が進行すると、歯肉(歯茎)が痩せていき、歯の根が見えていきます。さらに、歯のぐらつき、口臭・出血等の症状が現れます。
また、噛み合わせの少しのズレにより歯に加わる力が偏ると、その歯だけ歯周病を進行させます。また、くいしばりや歯軋りをしている場合、特に進行を早めます。

歯周病は歯が抜ける病気というだけでなく、心筋梗塞等の全身疾患の引き金になるとも言われていますので、早めの治療・予防が大切になります。

歯周病の進行

  • ①通常、歯には隙間はありません。

  • ②歯垢が多く付着すると歯周炎になり、放置すると歯と歯肉の隙間が開いてきます。

  • ③さらに放置すると歯肉炎が悪化し、歯槽骨・歯根膜が溶けてきます。

  • ④歯周炎がさらに広がり、歯がグラグラして不安定になります。

  • ⑤最終的に歯のグラつきがひどくなり、抜歯が必要になります。

ページトップへ戻る